あさるとらいふろぐ

-グンマー在住の底辺総なめなアパシー系男子のブログ-

生活

ベプログのターレス(TARLESS)を先行レビュー!メンテ不要の最新ポッド型ベイプ

更新日:

どうも、八幡です。

 

国内最大級の電子タバコメディア「ベプログ」が展開するオリジナルvapeブランド「EasyVAPE」シリーズに、ついに第2弾が登場!

――その名は「TARLESS(ターレス)」

ちなみにシリーズ第1第の「RAINBOW」は、禁煙にオススメな初心者向けベイプとして、以前、当ブログでも取り上げています。気になる方は>>こちら<<からレビュー記事をご覧ください。

 

さて、ターレスですが、プロモーションの一環として行われたクラウドファンディングでは、当初に設定していた目標金額の約13倍もの資金調達に成功したことで非常に話題になりました。

このことはベイプとは関係のない大手メディアでも大々的に報じられています。

 

そんな日本中のベイパーから注目と期待のまなざしを集めるターレスもいよいよ発売日(2018年10月1日)が間近に迫ってきました。

 

今回は発売を直前に控える話題の電子タバコ「TARLESS(ターレス)」を一般に先駆け、一足先に先行レビューしていきます!

 

”健康を気にする喫煙者のために開発された次世代電子タバコ”のその全貌をとくとご覧あれ!!

 

※なお、今回レビューに使用しているターレスはベプログさんから提供を受けたものです。

ターレス(TARLESS)の特徴

シックなデザイン、軽量かつコンパクトなボディ

こちらがターレス本体になります。

黒一色。シックな色合い。なんかパッと見、本体のフォルムが拳銃の弾倉(マガジン)っぽいっすよね。だからシックというよりむしろハードボイルド?笑

 

まぁ何はともあれ、男心を擽る直線的かつメタリックな質感のボディがめちゃくちゃカッコいいです。

 

このデザインなら場所を選ばず何処でも使えそうです。また、デザイン的にニヒルな男を演出するのにも一役買ってくれそうです笑

サイズは縦106×横38×厚さ14(mm)、重さは75gと軽量かつコンパクト。

また、特筆すべきはその厚さ。ハードカバーのタバコと比較してみてもその薄さは歴然。

かなりの薄型

(スーツなどの)ジャケットの裏ポケットに入れても、圧迫感を感じずに自然体で持ち歩けるかと。

逆に取り出す時も、スムーズに、そして、スマートに裏ポケットからターレスを取り出せます。

メンテナンス不要、初心者でも運用が簡単なポッド型ベイプ

ターレスはベイプのなかでもポッド型と呼ばれるタイプのベイプです。

 

ポッド型ベイプの特徴としては……運用がめちゃくちゃ簡単!

それを可能にしているのは吸い口とタンク、コイルの3つが一体になった――カートリッジと呼ばれる専用パーツ。

 

――カートリッジの寿命が来たら定期的に交換するだけ。ターレスの運用に必要なのはたったそれだけです(もちろん、バッテリーの充電は別途する必要がありますが)

 

ターレスには通常のベイプのようにコイルを交換したりタンクを洗浄したりといった面倒なメンテ作業が一切必不要です。

なぜなら……というか、言うまでもありませんが、カートリッジを定期的に交換する(使い捨ている)ことでソレを実現しています。

 

以上の通りターレスは初心者の方でも簡単に運用できるベイプになっています。

カートリッジの交換方法についてもワンタッチで出来てしまいます。いや~EasyVAPEの名は伊達ではありませんね!

コスパ抜群!タバコのコストが1/3に

図はターレスとアイコス、紙巻きタバコを一年間使用し続けた時の費用早見表になります。

ターレス→49,639円

アイコス→148,658円

紙巻きタバコ→137,678円

以上の通り、アイコス、紙巻きタバコからターレスに切り替えると年間の喫煙コストを1/3に抑えることが出来ます。

ターレスはニコチンとタールが0で身体に優しい上に、コスト的にも非常にお財布に優しいです!

ターレス・商品内容

ターレスの内容品は以下の通りです。

・ターレス本体
・ショートカートリッジ
・ロングカートリッジ
・充電用USBケーブル
・取扱説明書

スペック

種類:POD型
サイズ:縦106×横38×厚さ14(mm)
重さ:75g
抵抗値:1.6Ω(ロング)/1.2Ω(ショート)
バッテリー容量:900mAh
充電電流子:800mAh
対応充電器:出力1A以下 ※1Aより大きい急速充電非対応

安全保護機能

出力短絡保護
過電流保護
充電保護
過電圧保護
低抵抗保護
10秒カットオフ機能(10秒以上電源ボタンを押し続けると、強制的に通電がストップします)

ショートカートリッジとロングカートリッジ

商品内容でも紹介しましたが、ターレスにはショートとロング、2種類のカートリッジが同梱されてきます。

それぞれのカートリッジの特徴としては……

ショートカートリッジ→ドロー(吸い心地)が軽く、煙が大量に出る(DL・爆煙志向)

ロングカートリッジ→ドローが重く、煙の量は少なめ(MTL・タバコ吸い向け)

と、ターレスでは気分やTPOに合わせた使い分けをすることが出来ます。

ちなみに……

ロングカートリッジでは、プルームテックも楽しむことが出来ます。

ターレスはこれ一台で爆煙もMTLもプルームテックも楽しめる、言うならば3wayベイプといったところでしょうか。

めちゃくちゃ多機能なんですよね~(#^.^#)b

専用キャップにより、いつでも吸い口を衛生的に保てる

ターレスですが、一服する時以外はカートリッジが専用キャップにより保護されているため、吸い口をいつでも衛生的に保つことが出来ます。

これならポケットに入れて持ち歩くにしろバッグの中に入れて持ち運ぶにしろ……吸い口が汚れる心配もなく、また、リキッドが液漏れする心配もなく気兼ねなく外出が出来そうですよね!

ちなみに本体と専用キャップは強力な磁石でくっ付いています。そのため、吸着性が抜群です。ちょっとやそっとの衝撃では外れることはまずありません。

ですが、取り外そうと思えば簡単に取り外せるというなんとも使い勝手のいい仕様になっています。ホント磁石様々です笑

……え、でも、一服する時、キャップが邪魔にならない?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、それに関しては安心してください。

本体底面にも磁石が取り付けられており、以上の画像の通り、キャップを取り付けられます。

ちなみにキャップと同様に、カートリッジも磁石で本体とくっ付く仕組みになっています。

 

……1つ言い忘れていたことがありました。

専用キャップの裏側にはあるギミック隠されているのですが、

以上の画像の通り、

プルームテックを一つ潜ませておくことができ、ターレスではその時々の気分に合わせてベイプを吸ってみたりプルームテックを吸ってみたりとフットワーク軽く切り替えることが可能です!

ターレス(TARLESS)の使い方

取扱説明にはターレスの使い方が細かく書かれています。

ここではターレスの吸い方を簡単に説明していきます。

吸う前の準備→リキッドを充填したカートリッジを本体にセットする。

電源のON・OFF→パワーボタンを素早く5回押す。

吸う方法→吸い口をくわえ、パワーボタンを押す。パワーボタンを押している間だけ水蒸気が発生。

ちなみにカートリッジは1度リキッドを補充したら終わりではなく何度でも複数回使用することが出来ます。

カートリッジの交換目安は2週間~3週間程度です。

また、カートリッジごとにリキッドの味を決めておくとより効率的にターレスを運用することが可能になります。

ターレスのバッテリー残量確認方法

吸煙中、バッテリー残量により、カートリッジの色が変化します。

白色→100%~80%
青色→80%~60%
緑色→60%~40%
紫色→40%~20%
赤色→20%~0%

※バッテリー切れ→赤色が5点滅

赤色が5回点滅したら、直ぐにバッテリーを充電器に繫いでください。

ちなみにターレスはフル充電すると300回~500回吸煙することが出来ます。

これはタバコ20本~33本程度に相当します。

ターレスを使用してみた感想

まず、リキッドの注入口が広いから、リキッドチャージがめちゃくちゃ簡単!

基本的にどんなリキッドボトルでもスムーズにリキチャが行えるかと。

※一応、説明させてもらうと、ベイプのリキッドにはニコチンとタールは入っておらず……有害物質を含んだ副流煙などは一切出ませんし、タバコの嫌なニオイが身体や服に着くこともありません。

また、タールによる口臭や歯の汚れも付くことがなく自分にも周りの人たちにも優しく健康的です。

ドロー(吸い心地)については……

ショートカートリッジもロングカートリッジも、シリーズ第1弾のレインボーよりもドローが軽い。

その上でロングよりもショートの方が若干ドローが軽いって感じですかね!

それ故、煙の量についてもショート>ロング>レインボーとなっています。

ちなみにターレスのカートリッジにはエアフロー調節リングが付いており、

ここを開けたり閉めたりすれば、ショートでもある程度ドローを重くしたり、ロングであればよりドローを絞ることも可能です。

味については……

ポッド型ベイプってあんまり味が出てくれないんですよね~それが唯一の欠点。

 

つい最近レビューしたJUSTFOGの「C601」なんかはほぼほぼ無味でした笑 シリーズ第1弾のレインボーについても味に関してはめちゃくちゃ微妙。だから、

関連記事:JUSTFOG C601をレビュー!小型かつ軽量なPOD式電子タバコ

 

ターレスにも味に関してはあんまり期待していなかったのですが、実際に吸ってみたらビックリ!

ポッド型にしてはかなり味が濃く出てくれるんですよね~

 

最初はベプログさんのリキッドが良いからなのかな?とも思ったんですけど……

ターレスとレインボー、C601に同じリキッドを入れ吸い比べてみたところ、やっぱり圧倒的にターレスが味が濃いんですよね!

 

めちゃくちゃ美味しいです(#^.^#)b

 

メンテが不要な上に、味も良いと。ベイプをはじめても三日坊主で終わってしまう人がほとんどなんですが、ターレスならその心配もなさそう。禁煙が捗ること間違いなしですねこれは。

 

ちなみに味の出方については僕はロングよりもショートの方が好みでした。

また、ロングカートリッジでたばこカプセル(クーラーパープル)も吸ってみたのですが……

問題なく美味しいですね! ブルーベリーの味も、メンソールの清涼感もきっちり出ます。

 

あと、吸った時に喉に感じるニコチンのピリピリ感――ニコチンキックもしっかり感じられました。

 

ちなみにこの時カートリッジにはベプログさんの巨峰メンソール味のリキッドを注入しておいたのですが……そうしたら、クーラーパープルのブルーベリー感がパワーアップ!

普通に吸った時よりも遥かに濃厚な味わいを楽しむことが出来ました。

 

プルームテックを1度でも吸ったことがあるという方には、是非ともクーラーパープルと巨峰メンソールリキッドの最強コンボを試してもらいたいですね(#^.^#)b

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ターレスは……

・シックなデザイン、軽量かつコンパクトなボディ
・メンテナンス不要、初心者でも運用が簡単なポッド型ベイプ
・コスパ抜群!タバコのコストが1/3に
・ショートとロング、2種類の趣の違ったカートリッジが同梱
・プルームテックが吸える
・専用キャップにより、いつでも吸い口を衛生的に保てる
・ポッド型ベイプなのに味が良い

以上になります。

 

単純にタバコが吸いたいイライラを紛らわすための禁煙グッズが欲しいという方には、最低限の機能しか備わっていないシンプル設計が売りのシリーズ第1弾のレインボーがおすすめ。

 

そして、電子タバコで禁煙に挑戦する上で、せっかくなら味わいや煙の量、デザインなどにもこだわっていきたいという方には多機能で遊び心満載なターレスがおすすめ!といった感じです。

 

それでは失礼します。

  • この記事を書いた人
八幡

八幡

グンマー在住のアパシー系男子。基本的に無気力なのだがブログだけはモチベ高く日々更新。好きなものはvapeとブログと西尾維新。このブログ以外にも地元・群馬県のローカルメディア「吾輩は群馬である。」を運営中。

おすすめ

1

どうも、八幡です。 今、アマゾンでamazonギフト券を買うと、初回チャージ時に限り、なんと…… amazonポイントを ...

2

どうも、八幡です。   アイコスの互換機を買うにしても、無駄に種類があって正直どれを買ったら良いか分からない! ...

3

どうも、八幡です。   紙巻きタバコや加熱式タバコの1/3以下のコストで喫煙が楽しめると今話題のヴェポライザー ...

4

どうも、八幡です。 これまでブログで色々な種類の電子タバコ(vape)を紹介してきました。   これもひとえに ...

5

どうも、八幡です。 今回は中国の電子タバコ専門の通販サイト「HiLIQ(ハイリク)」でリキッドを買う方法を紹介します。 ...

-生活
-, ,

Copyright© あさるとらいふろぐ , 2018 All Rights Reserved.