あさるとらいふろぐ

-グンマー在住の底辺総なめなアパシー系男子のブログ-

生活

ヴェポライザー・C-VAPOR3.0(シーベイパー3)をレビュー【WEECKE】

更新日:

どうも、八幡です。

 

今回は2018年6月末に発売されたばかりの最新ヴェポライザー、

CVAPOR 2.0 PLUSの後継機にあたる「C-VAPOR3.0」を詳しく紹介します。

 

それでは、CVAPOR 2.0 PLUSから劇的な進化を遂げた――C-VAPOR3.0の姿を是非ご覧あれ!!

※なお、今回レビューに使用しているC-VAPOR3.0はヴェポナビさんから提供を受けたものです。

性能大幅向上!劇的進化を遂げた最新ヴェポライザー「C-VAPOR3.0」

C-VAPOR3.0ですが、今、めちゃくちゃ売れているみたいですね!

それを証明するように、

記事を書いている現在、ヴェポナビさんでも品切れを起こしているという笑(2018年7月20日)

ヴェポナビでC-VAPOR3.0の在庫状況をチェックする!

なぜ、こんなにもC-VAPOR3.0が人気なのかは……言うまでもなく高性能だから。

ここではCVAPOR 2.0 PLUSと比べ大幅に性能を向上させたC-VAPOR3.0の、なかでも個人的に注目な点を簡単にまとめてみました!

バッテリー容量がアップ!

CVAPOR 2.0 PLUSではバッテリー容量が1600mAhしかなかったのですが……

C-VAPOR3.0では約1.5倍の2300mAhに増量。

これによりCVAPOR 2.0 PLUSではフル充電時に6~10回しか喫煙を楽しむことが出来なかったのが、C-VAPOR3.0では20回近く喫煙を楽しめるようになりました。

これなら外出時に使用する際も充電切れの心配が無さそうですね!

LEDディスプレイが、より機能的に!

CVAPOR 2.0 PLUSのLEDディスプレイでは喫煙中に設定温度しか確認できませんでしたが……

C-VAPOR3.0では設定温度だけでなく現在温度とバッテリー残量も同時に確認することが出来ます。

また極めつけは――C-VAPOR3.0は1度の喫煙時間が4分なのですが、喫煙時間が1分を経過するとSET(設定温度)がTIMEに切り替わり、残りの喫煙時間をカウントダウンしてくれます。

加熱時間が大幅に短縮!

CVAPOR 2.0 PLUSではチャンバーの温度を160℃まで加熱するのに約20秒かかりましたが……

C-VAPOR3.0なら20秒もあれば冷えた状態から220℃近くまでサクッと加熱してくれます。

※実際に計測してみました。

バイブ機能が搭載!

C-VAPOR3.0にはバイブ機能が搭載されています。

電源のON・OFF時、またチャンバーの温度が設定温度に到達した際にブルっと振動。

感覚的に分かりやすく、それらを報せてくれます。

エアフローコントロール機能が搭載!

C-VAPOR3.0にはエアフローコントロール機能が搭載されています。

画像のつまみをひねりエアホールを閉じたり開けたりすれば、

吸い心地を重くしたり軽くしたり――ドローを自分好みに調節することが出来ます。

個人的に、ちゃんとしたエアフロー調節機能を備えたヴェポライザーを見たのはC-VAPOR3.0が初めてになります!

「WEECKE C-VAPOR3.0」スターターキット

「WEECKE C-VAPOR3.0」スターターキットの内容物は以下の通りです。

・C-VAPOR3.0本体×1
・充電用USBケーブル×1
・シリコンマウスピース×1
・クリーニングブラシ×1
・ヒーティングチューブスペーサー×1
・予備メッシュ×4
・日本語マニュアル×1

C-VAPOR(シーベイパー)3.0のスペック

加熱方式:コンダクション
喫煙時間:4分
サイズ:高さ118×横50.5×厚さ26(mm)
重さ:126g
チャンバー:セラミック
充電器:5.0V/1A
バッテリー:内蔵型/2300mAh
充電時間:3時間
温度範囲:160℃~230℃(10度刻み・8段階)
マニュアル:日本語
液晶:あり(バッテリー残量/喫煙時間/設定温度/現在温度)
価格:7000円台後半

C-VAPOR3.0をレビュー!

C-VAPOR3.0の全体像はこんな感じです。

手触りは滑らか。やや光沢感のあるブラックなボディがシックでクール。

画像をご覧の通りC-VAPOR3.0はボディ背面が緩く湾曲しているのですが、これにより握った時の手のひらへのフィット感が凄く良いです。

ボディ側面には電源ボタンが一つ。

ボディ底部にはUSBジャックとエアホールが。

ボディ上部にはマウスピースとLEDディスプレイがあります。

C-VAPOR3.0のチャンバーはこんな感じです。

ボディとマウスピースの接続部分はネジではなくゴムで固定されおり、上に引っ張れば簡単に取り外すことが出来ます。

そのため、タバコ葉の出し入れが全然わずらわしくありません。ストレスフリーです!

ちなみにマウスピースとドリップチップもゴムで固定されています。

C-VAPOR3.0の使い方

※画像が切り替わります。

簡単にGIF動画にまとめてみました!

操作方法はめちゃくちゃシンプルです。

ヴェポライザーを初めて使う方であっても難なく使いこなせるかと(*^_^*)b

①チャンバーにシャグを詰める
②電源ON(電源ボタンを素早く5回クリック)→チャンバーの温度が設定温度に到達したら喫煙開始(電源をONにすれば自動的に加熱がスタートします)
③喫煙時間終了後、自動的に電源がOFFになります(オートシャットOFF)

ちなみに電源がON時、電源ボタンの長押しで設定温度を変更することが出来ます。

また、C-VAPOR3.0で紙巻きタバコや加熱式タバコを吸う場合は以下の通りです。

①スペーサーにタバコをセットする
②スペーサーからはみ出した部分をカットする
③スペーサーをチャンバーにセットする
以下、シャグの場合と同様です。

C-VAPOR3.0で紙巻きタバコや加熱式タバコを吸った際にイガイガするな、喉への刺激(キック感)強すぎるなと感じたら……

画像のようにガラス製のドリップチップから付属のシリコン製のドリップチップに付け替えて、タバコのフィルター部分をお好みの長さに切って取り付ければ吸い応えを調整することが可能です。

なお、C-VAPOR3.0では2回までなら連続で喫煙することが出来ます。3回以上の連続吸いは機器を痛める可能性があるので注意が必要です。

C-VAPOR3.0のクリーニング方法

付属のクリーニングブラシでチャンバーに溜まったタバコ葉のカスを取り出したら、

無水エタノールを塗布した綿棒でチャンバー内に付いた汚れをキレイに落としてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

C-VAPOR3.0は……

・バッテリー容量が2300mAhと大容量
・LEDディスプレイを見れば一目で設定温度・現在温度・バッテリー残量・残り喫煙時間が分かる
・CVAPOR 2.0 PLUSに比べ、加熱時間が大幅に削減された
・バイブ機能搭載
・エアフローコントロール機能搭載

と、めちゃくちゃ高機能です!

もし今コンダクション式で電池内蔵型のヴェポライザーを探しているという方がいたなら僕は迷わずC-VAPOR3.0をおすすめしますかね!(*^_^*)b

それでは失礼します。

電池交換式のヴェポライザーならXMAX STARRYがおすすめ!

XMAX STARRYをレビュー!おすすめの電池交換式ヴェポライザー

おすすめのシャグはこちら!

シャグ・チェ・メンソールを吸った感想・レビュー!

  • この記事を書いた人
八幡

八幡

グンマー在住のアパシー系男子。基本的に無気力なのだがブログだけはモチベ高く日々更新。好きなものはvapeとブログと西尾維新。このブログ以外にも地元・群馬県のローカルメディア「吾輩は群馬である。」を運営中。

おすすめ

1

どうも、八幡です。   アイコスの互換機を買うにしても、無駄に種類があって正直どれを買ったら良いか分からない! ...

2

どうも、八幡です。   紙巻きタバコや加熱式タバコの1/3以下のコストで喫煙が楽しめると今話題のヴェポライザー ...

3

どうも、八幡です。 これまでブログで色々な種類の電子タバコ(vape)を紹介してきました。   これもひとえに ...

-生活
-,

Copyright© あさるとらいふろぐ , 2018 All Rights Reserved.