あさるとらいふろぐ

-グンマー在住の底辺総なめなアパシー系男子のブログ-

生活

プルームSをレビュー!匂いの感想や充電方法等を紹介(JTの新型加熱式タバコ)

更新日:

どうも、八幡です。

2019年1月29日に発売された、2種類の新型プルームテック。

先日、そのうちの一つ「Ploom TECH +」をレビューしました。

関連記事:プルームテックプラス(新型)をレビュー!味の感想や使い方等を紹介

今回は残りのもう一つ「Ploom S」を詳しくレビューしていきます。

プルームSの特徴

アイコスのようにタバコ葉を高温加熱する新しいタイプのデバイス

詳細は以下よりどうぞ!

プルームSスターターキット・内容

・プルームS本体
・ACアダプター
・マイクロUSBケーブル
・クリーニングブラシ
・ユーザーガイド/保証書

プルームSでは専用の「たばこスティック」を使用

プルームSでは専用の「たばこスティック」を使用します。

プルームSの発売に合わせ、今回、以下の3種類のたばこスティックが発売されました。

■MEVIUS REGULAR TASTE(豊かなコクが広がる上質な味わい)
■MEVIUS MENTHOL(爽やかな冷涼メンソール)
■MEVIUS MENTHOL COOL EFFECT(キレのある強烈メンソール)

価格は480円

※なお、プルームSスターターキットにはたばこスティックは付属しません。

プルームSの見た目はこんな感じ

こちらがプルームSになります。

プルームSはグロー、アイコス3マルチと同じく、

ホルダーとチャージャーが一体になったAIOタイプの高温加熱式タバコ。

上の画像をご覧の通り、サイズ感は……長さ、厚さ共にグローと同じくらい。

重さに関してはプルームSの方が若干ではありますが軽いです。

手の構造に合わせ、有機的にデザインされたというプルームS。

その言葉通り、握ってみると、手のひらにしっくりと馴染みます。

ボディ表面の質感はアイコス同様しっとり滑らか。

プルームSの加熱システム

画像をご覧の通り、

プルームSにはアイコスのようなタバコ葉を加熱するためのブレードはついていません。

プルームSでは、たばこスティックを内側からではなく外側から加熱します。

 

具体的にはグローとかアイコス互換機「イーフォス」とか、ああいった類の加熱システムになります。

 

ちなみにプルームSがたばこスティックを加熱する温度は約200℃。

 

約200℃、高温であることは間違いないのですが……

加熱温度が300℃以上を超えるアイコス、グローとくらべると少し低めに設定されています。

プルームSの使い方

電源のON/OFF

プルームSでは、スライドカバーの開閉で電源ON/OFFをおこないます。

スライドカバーを開けると、モード表示LEDが青色に点灯→電源がONになります。

吸い方

①スライドカバーを開ける。
②たばこスティック差込口にたばこスティックを挿す。
③アクションボタンを2秒以上長押し。
④デバイスがブルっと1回振動→加熱がスタート(加熱待ち時間は約40秒)

加熱の進行に合わせ、状態表示LEDが●→●●→●●●→●●●●と一つずつ点灯していきます。

すべてのLEDが点灯すると、デバイスがブルブルっと2回振動→加熱の完了。

たばこスティック1本つき、約3分30秒 or 14パフ喫煙を楽しむことができます。

ちなみにプルームSでは連続吸いも可能です!

プルームSの味と吸い応え?匂いは?吸った感想はこちら!

プルームSは匂いの少なさにこだわった高温加熱式タバコ。

聞くところによると……他社の加熱式タバコよりも、匂いの方は大分おさえられているんだとか。

 

それなら、まずはじめに語るべきは、その匂いについての感想。

プルームS最大のウリは本当なのか、どうなのか。

 

今回は非喫煙者の母に協力してもらい、

プルームSの「レギュラー テイスト」とアイコスの「バランスド レギュラー」の匂いを比較してもらいました。

……検証結果をお伝えする前に、事前に知っておいてもらいたいことがあります。

父がアイコスユーザーということもあり、日頃からアイコスの匂いをかぎなれている母。

 

母の前で父がアイコスを吸っていると、母はよくこんなことをぼやいています。

「紙巻きタバコにくらべたら全然ましだけど……やっぱりクサい。アイコスにはアイコス特有のクサさがある」

「……正直、オ●●!? いや、う●●みたいな匂いするよね?w」

下品な表現で申しわけありません。ですが、

事実、母はアイコスの匂いをいつもそんなふうに形容しているんですよねぇ(^_^;)

 

そんな母に、プルームSの「レギュラー テイスト」とアイコスの「バランスド レギュラー」の匂いを比較してみてもらったところ……

「アイコスよりもこっち(プルームS)の方が匂いは少ないかな」

「でも、こっちにはこっち特有の匂いがある。なんだろ、あえて、たとえるなら……渋い紅茶みたいな匂い? そんな感じ」

「まぁそんな嫌な匂いじゃないかな。もし、私の前で吸うなら、アイコスよりもこっち(プルームS)吸いなね」

 

どうやら、アイコスよりもプルームSの方が匂いが少ないというのは本当!?みたいです。

また、プルームSからは(母が言うには)悪臭らしい悪臭はしないそうです!

 

つまり、アイコスよりもプルームSの方が、タバコ葉の加熱温度が低い分、

匂いが抑えられているということなんでしょうね、おそらく。

次に喫煙者の僕からプルームSの味と吸い応えについての感想をお伝えさせてもらいます。

 

結論から言わせてもらうと……タバコ葉の加熱温度が低い分、

喫味と吸い応えに関しては、プルームSはアイコスに劣ります。

 

まず喫味から。従来のプルームテックで体感できなかったタバコ葉のうまみをプルームSではきちんと体感することができます。

(あと、ポップコーン?チョコレート?そんなマイルドで優しい味わいもほのかに感じられました)

 

ですが、感じることができるとはいっても、アイコスとくらべてしまうと……ちょっと深みに欠けますかねぇ(^_^;)

吸い応えに関しては、考えるまでもなく、一口吸った瞬間にアイコスに軍配があがります。

「メンソール」と「メンソール クールエフェクト」では、メンソールの清涼感が吸い応えを補強してくれてはいるのですが……それでもやっぱりアイコスに軍配が上がります。

アイコスの満足感は半端ないです笑

 

「匂いの少なさ」を重視するならプルームS

「味と吸い応え」を重視するならアイコス

と、いったところでしょうか。

 

以上、プルームSを吸った感想でした。

2019年2月3日追記:

上の画像は、

1、2時間放置した「たばこスティック(プルームS)」と「ヒートスティック(アイコス)」です。

 

1本ずつ匂いをかいでみると……

ヒートスティックには焦げ臭いにや~な匂いが残っていたのに対し、たばこスティックにはそんな匂いはほとんど残っていませんでした。

 

たばこスティック程度の匂いレベルであれば、とくに場所を選ばずとも、家にある、どこのゴミ箱に捨てても問題ないのかなと個人的には思いました(#^.^#)b

デバイスの仕様に関する補足

残り時間・残りパフ数に応じ、状態表示LEDが一つずつ消灯していきます。

 

喫煙時間が残り30秒 or残りパフ数が2回になる→デバイスがブルっと1回振動。

その後、

喫煙時間が約3分30秒(上限時間)に達した場合→デバイスがブルブルっと2回振動。

パフが14回(上限回数)に達した場合→デバイスがブルブルブルっと3回振動。

 

上記のアクションを起こした後、状態表示LEDが消灯→喫煙の終了です。

※喫煙を途中で辞めたい時はアクションボタンを2秒以上長押し。

その後、すべての状態表示LEDが消灯したのを確認し、たばこスティックを取り出してください。

プルームSの充電に関するあれこれ

バッテリーを空の状態からフル充電するのに約90分かかります。

充電開始時、デバイスがブルッと振動。

充電中、状態LEDライトが点滅と点灯をします。すべてのLEDが点灯したら充電の完了。

フル充電したプルームSでは、たばこスティックを約10本吸うことができます。

プルームSのクリーニング方法

①クリーニング蓋を開ける。
②たばこスティック差込口からブラシを挿し込み、クリーニングをおこなう。

※公式では、たばこスティックを20本吸うごとにクリーニングをすることが推奨されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プルームSは……

・アイコスのような高温加熱式タバコ。
・チャージャーとホルダーが一体化しているAIO型。
・ブレードを使わない加熱システムが採用されている。
・他社の加熱式タバコにくらべ、加熱温度が低い(200℃)
・連続吸いができる。
・アイコスに味と吸い応えは劣る。
・アイコスよりも匂いが少ない。

以上になります。

 

上でも散々言いましたが、プルームSは匂いが少なく、悪臭らしい悪臭もしない。

ですから、紙巻きタバコから加熱式タバコへ移行する理由or移行した理由が……周囲へのニオイ被害を気にしての事だという方にはプルームSがまさにぴったりなんじゃないでしょうか。

 

ちなみにJTの報告によると……

プルームSは紙巻きタバコにくらべ、ニオイが5%未満にカットされているそうです。

 

以上、プルームSのレビューでした。

 

それでは失礼します。

スペック

■加熱待ち時間:約40秒
■1本あたり使用可能時間:約3分30秒
■1本あたりパフ回数:14回
■連続使用可否:可
■フル充電時の使用可能本数:約10本
■フル充電までの待ち時間:約90分
■カラー:8色
■価格:7980円

お得なセール情報

■ベプログ
全品半額セール会場はコチラ
ポイント50倍セール会場はコチラ
■アマゾン
毎日更新。お買い得商品続々登場。アマゾンのタイムセール会場はコチラ
※今、アマゾンギフト券が熱い。1000円分のamazonポイントをゲットしよう⇒詳細はコチラ
■楽天
毎日10時に更新。送料無料、ポイント大幅還元。楽天のタイムセール会場はコチラ
■ギアベスト
中華スマホやタブレット、PCが激安で手に入る。ギアベストの特化商品会場はコチラ
※ギアベストを初めてご利用する方はこちらの記事をご参照ください。
  • この記事を書いた人
八幡

八幡

グンマー在住のアパシー系男子。基本的に無気力なのだがブログだけはモチベ高く日々更新。好きなものはvapeとブログと西尾維新。このブログ以外にも地元・群馬県のローカルメディア「吾輩は群馬である。」を運営中。

おすすめ

1

どうも、八幡です。 気付けば、上の画像にないものも含め、試したリキッドの数が3、40種類以上を超えました。   ...

2

どうも、八幡です。   アイコスの互換機を買うにしても、無駄に種類があって正直どれを買ったら良いか分からない! ...

3

どうも、八幡です。   紙巻きタバコや加熱式タバコの1/3以下のコストで喫煙が楽しめると今話題のヴェポライザー ...

4

どうも、八幡です。 これまでブログで色々な種類の電子タバコ(vape)を紹介してきました。   これもひとえに ...

5

どうも、八幡です。 今回は中国の電子タバコ専門の通販サイト「HiLIQ(ハイリク)」でリキッドを買う方法を紹介します。 ...

-生活
-, ,

Copyright© あさるとらいふろぐ , 2019 All Rights Reserved.