【アニサマ初参戦の方へ】当日必携の持ち物+αまとめ!ライブを最大限楽しむならコレだ!

公開日: : 最終更新日:2017/01/08 イベント , , ,

WONDER
どうも、八幡です。

 

いよいよ夏が本番を迎えようとしている今日この頃。

確か今年の夏は冷夏予想のはずだったのですが……暑すぎるだろッ!

連日続く猛暑日にマジで身体が溶けちゃいそうです。

 

日差しが痛い><

 

ホント、太陽が憎たらしくてしょうがないです。

が、それでも夏は最高だと思います。

 

夏は暑いだけじゃなく、熱いイベントが目白押しなんですから!

夏祭り、花火大会、夏フェス、海水浴、BBQ、甲子園、etc……。

一つ一つ挙げて行ったら切りがないです。

 

とりわけ、夏フェス。

 

近年、すごい盛り上がりですよね。

なんでも年々その数は増える一方なんだとか。

これはもう日本の新しい夏の風物詩と言っても過言ではないと思います。

 

そんな夏フェスへ今年僕も参戦します。

 

参加する夏フェスは……

「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE」

通称:アニサマ。年に一度のアニソンの祭典です。

 

ちなみにアニサマへは二年ぶり二回目の参戦になります。

 

二年前は三日目のみの参戦でしたが今回は二日目、三日目と二日連続で参戦してきます。

 

で、この記事では、アニサマを月末に控え既に遠足の前日ような気分の僕が、二年前の自分の反省を兼ねつつ、アニサマ初参戦の方へ向けライブ当日必携の持ち物をご紹介したいと思います。


sponsored links

 

基本装備

ライブ当日は公序良俗に反しない程度に薄着で行くのが吉です笑

二年前、僕はTシャツ、ジーパン、スニーカーでライブに臨みました。

靴に関してはサンダルもしくはヒールが付いた靴は履いて来ないでください。

 

恐ろしく混雑する会場への入退場の際やライブ中、飛んだり跳ねたりした際に足を踏むもしくは踏まれる可能性があります。そんなの誰も得しないですよね? ですからスニーカーで行くのが一番無難かなぁと思います。

 

あと、言うまでもないと思いますが、ライブのチケットはお忘れなく!

これを忘れると元も子もありません笑

ライブ当日必携の持ち物

着替え&タオル

ライブ会場内はミストが散布されているので、ライブが始まる前はある程度涼しいです。が、それもライブが始まれば一瞬で熱狂の渦に飲み込まれてしまいます。

 

故に尋常じゃない量の汗をかきます笑

ですから、ライブ中に汗を拭うためのタオルは必須です。

 

二年前、僕はタオルを肩にかけ、その端をTシャツの襟の中に入れいる、あのオバサンがよくやるスタイルでライブを観覧しました。

 

そして、ライブ後は全身濡れ鼠ならぬ汗鼠状態に。冷えてくるとこれがまたタチが悪い。ですから、下着やズボンはまだしもTシャツの替えくらいは用意しておいた方がいいと思います。

 

二年前、着替えを持っていかなかったのですが、汗でびちょびちょになった服と生ぬるい夜風のコンボは相当堪えるものがありました^^;

水分

ライブ会場内は飲食が禁止されています。が、皆さん普通に水分補給とかしてます笑

これに関してはなんとも言えませんが、会場内での飲食はあなたの判断に任せます。

 

ま、取り敢えず、ライブ中は尋常じゃない発汗が予想されるので、ライブが始まる前にしっかりと水分補給を済ませておきましょう。

 

熱中症とかになったらシャレになりませんもんね。

せっかくのイベントが台無しになってしまいます。

 

また、事前に水分を摂り過ぎてトイレに行きたくなったとしても、アニサマは前後半制です。

 

前半と後半の間に休憩が挟まれます。ですから、ライブをなくなく途中で抜け出してトイレに行かなけれならないと言った心配もありませんよ。

 

四時間近くあるライブをまるまる楽しむことができます。

大きめのバッグ

二年前、僕はできるだけ荷物を少なくとショルダーバッグで、アニサマに参戦したのですが、これが大失敗でした。

 

もちろん、着替えなんか持ち運べません。

財布、ペンライト、タオルでいっぱいになってしまいます。

 

水分補給のために買ったスポーツ飲料水(500mlペットボトル)×2はコンビニ袋に入れたままの状態で手で提げて持つはめに。

 

極め付きは入場の際にもらうアニソンアーティストのチラシや冊子が大量に詰まったビニールの手提げ袋。

 

両手に袋。もうかさばって仕方が無かったです笑

ですから、こうならないためにも大きめのバッグが必須です。

 

大きめのバッグであればこれらをひとまとめにすることができますし、なにより荷物管理が楽になると思うのでオススメです。

ペンライト

これがあるとないとじゃライブの楽しさも全然違ってくると思います。

 

多くのアニソンアーティストが集うイベントでは欠かすことのできない必須アイテム――そう、ペンライト

 

アーティスト毎にカラーがあり、その都度カラーを変えます。ですから、ペンライトはペンライトでも単色のものではなくカラーチェンジ機能があるものを当日持参することをオススメします。

 

アーティストのカラー1色に埋め尽くされた客席はすごく壮観ですよ。

 

ペンライトの色の早変えもまた見ものです笑

曲のイントロが流れた段階で客席の色のサーと一瞬で変わりますからね。

また、なにより、自分がその中の一員だと思うと高揚感が半端ないです。

あのなんともいえない一体感、たまらないです!

 

初参戦の方には是非ともアニサマの醍醐味とも言うべき、あのなんともいえない一体感を味わってもらいたいです。

 

そのためにも当日はペンライト必携です。

あと、初参戦の方の心配の種の一つペンライトの振り方について。

 

こちらのサイトにある一拍毎に振る、二拍毎に上下に振る、二拍毎に振る、オタ芸で言うところの捧げ(ペンライトを下から上へ高くゆっくりと突き上げる)、この4つの振り方さえ押さえておけば問題ないと思います。

 

たまに変則的なものもありますが、ノリでなんとかなるので大丈夫です。

事実、僕もノリでなんとかなりました笑

取り敢えず、自分が楽しむことを最優先で行きましょう。

 

本当にどうしもようもなくなった時は、近くにいる一昔前のアイドルの親衛隊よろしく法被を着た方に合わせてペンライトを振っておけばまず間違いないです。

 

これは僕の経験上の話になるのですが、法被を着た方でペンライトの振り方が完璧じゃなかった人を見たことがありません!笑

まとめ

Intro Situation(初回限定盤)(DVD付)

いかがだったでしょうか?

 

少しでも参考になったのであれば幸いです。

以上、ライブ当日必携の持ち物+αでした。

 

ライブ当日は全力で楽しんじゃいましょう^^♪

 

アニサマまであと26日。

 

今からライブが本当に待ち遠しいです。

 

それでは失礼します。

sponsored links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
sponsored links

関連記事

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsored links
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑